イントロダクション

POSSIBILITY MUSIC FESTIVALはロックやポップス、クラシックまで幅広い音楽をジャンルの垣根なく楽しんでいただくことを目的とした音楽祭です。コロナ禍で音楽フェスやコンサートに制限がある中、これからの日本の音楽業界の活性化に願いを込めて【POSSIBILITY】と名付けました。コンサート会場だけでなくオンライン配信でもご視聴いただけます。
本音楽祭でしか聴くことのできないスペシャルな音楽をお楽しみください!

開催日時

2021年8月28日(土曜日)
14:30 開場、15:00 開演
※各セッションごとに転換・換気のため10~15分間休憩を頂戴いたします。

出演

一部
若菜里香(ピアノ)
井上文乃(チェロ)

二部
佐藤秀徳(フリューゲルホルン)
相川瞳(ヴィブラフォン)
加藤菜々子(ヴァイオリン)
大木翔太(チェロ)
野上薫(ピアノ)

三部
MAD大内(ドラム)
大桃俊樹(ベース)
藤井ケイタ(ボーカル&ギター)
野口紗依子(キーボード)
加藤光貴(ヴァイオリン)

MC
ACHI(シンガーソングライター・FM山陰ラジオパーソナリティー)

プログラム

第1部:New Generation
1.若菜里香(ピアノ)
 ・バラード 第1番 ト短調 Op.23 /フレデリック・ショパン
2.若菜里香(ピアノ)&井上文乃(チェロ)
 ・ディズニーメドレー
 ・Etupirka /葉加瀬太郎
 ・愛の夢/フランツ・リスト

第2部:Classical
1.佐藤秀徳(フリューゲルホルン)&相川瞳(ヴィブラフォン)
 ・シンフォニア作品156より/ヨハン・セバスティアン・バッハ
 ・wind /佐藤秀徳
 ・組曲HA.01 < 1.スケルツォ 2.ラメントーゾ 3.タランテラ> / 相川瞳
2.大木翔太(チェロ)&野上薫(ピアノ)
 ・ハンガリアン・ラプソディ/ ダーヴィト・ポッパー
 ・白鳥 / カミーユ・サン=サーンス
3.加藤菜々子(ヴァイオリン)&野上薫(ピアノ)
 ・美しきロスマリン / フリッツ・クライスラー
 ・シャコンヌ / トマソ・アントニオ・ヴィターリ

第3部:Rock , Pop
藤井ケイタ(ボーカル&ギター)、大桃俊樹(ベース)、大内貴雅(ドラム)、野口紗依子(キーボード)、加藤光貴(ヴァイオリン)
~secret~
 

料金

◆コンサートホールチケット:¥4,000

販売ページ(Live Pocket)

◆オンラインチケット:¥2,500+ツイキャスシステム利用料¥100
(2021年9月11日までアーカイブ視聴可能)

販売ページ(TwitCasting)

出演者プロフィール

◆若菜里香

愛知県立明和高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。同大学院鍵盤楽器研究領域修了。第34回愛知ピアノコンクール大学一般部門金賞。第4回水と緑のまち江戸川新進音楽家コンクール第1位。第14回栃木ピアノコンクール第3位(最高位)。第9回三善晃ピアノコンクール特別部門第1位。2017年、イタリアのペルージャ音楽祭にて現地オーケストラと共演。2020年、セントラル愛知交響楽団と共演。2014年、2018年度、公益法人山田貞夫音楽財団奨学生。現在、演奏活動の傍ら後進の指導も意欲的に行っている。

◆井上文乃

3歳よりピアノ、10歳よりチェロを始める。千葉県立千葉女子高校オーケストラ部在籍時ドイツ、スイス、オーストリアでの3公演のヨーロッパ演奏旅行へ参加。 現在クラシックやポップスを初め幅広いジャンルで活躍。スタジオミュージシャンを務める傍らリトミックや楽器講師、オーケストラや様々な飲食店、福祉施設などでの演奏活動を主にしている。チェロを苅田雅治、山本裕康の各氏に師事。室内楽を苅田雅治に師事。東京音楽大学。フルートバイオリンチェロから成るトリオユニットApfel trioのメンバー。

◆佐藤秀徳

Theater Orchestra Tokyo(K-Ballet Company)首席奏者。横浜シンフォニエッタ、大友良英スペシャルビッグバンドメンバー。アンサンブル・ノマドレギュラーゲスト。 NHK「あまちゃん」「いだてん」などをはじめとした劇伴音楽にも多く参加している。ギターとのデュオBarchettaでは2019年にアルバム「Viaggio」を発表。各方面から高く評価されている。東京藝術大学卒業。

◆相川瞳

東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。 ブルガリアで開催されたプロヴディフ国際打楽器コンクール DUO 部門にて 2位入賞。(1位なし) 2013年大晦日、「大友良英 with あまちゃんスペシャルビッグバンド」のメンバーとして、NHK 紅白歌合戦に出場。 NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』にソリストとして出演。 NHK大河「いだてん」音楽参加 レコーディング、アーティストサポート、ミュージカル、現代音楽、などの活動を展開。

◆加藤菜々子

3歳よりヴァイオリンを始める。14歳でパリ市音楽院才能教育マスタークラスで学ぶ。安積高等学校を経て、桐朋学園大学音楽学部へ進学。スロヴァキア交響楽団、アマデウス室内管弦楽団等国内外のオーケストラと協奏曲で共演。The 5th Euroasia Music Festival Competition第3位。現在は、PRコンサルティングや音楽家マネジメント業を行いながら演奏活動を行っている。

◆大木翔太

桐朋学園大学卒業。同大学研究科修了。チェロを勝田聰一、銅銀久弥の両氏に師事。2回にわたり渡欧し、エンリコ・ブロンツィ、ライナー・ギンツェル両氏の指導を受ける。第4回みおつくし音楽祭クラシックコンクール第1位・大阪府知事賞を受賞。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現 セイジ・オザワ 松本フェスティバル)などに出演。新日本フィルハーモニー交響楽団契約チェロ奏者を経て、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室非常勤講師。

◆野上薫

3歳よりピアノを始める。 桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。PTNAピアノコンペティションや日本クラシック音楽コンクール等の決勝大会に入選。北日本新聞音楽奨励賞や読売新聞社賞等受賞。 青山キッズファッションショーやマジックショーの音楽に参加。 これまでに野上真理子、深谷直仁、関孝弘、村上弦一郎の各氏に師事。

◆MAD大内

大内貴雅(オオウチ タカマサ)。1963年6月6日生まれ。血液型はA型。通称”マッド”。 小学生の頃からコンガなどの打楽器に興味を持ち、その後ドラマーに。 1985年、ヘヴィメタルバンド「アンセム」でメジャーデビュー。 1992年の解散後はフリーランスのドラマーとして活動を開始。常に複数のバンドに在籍している。

◆大桃俊樹

1976年11月29日生、新潟県出身。So What?、SUNS OWL等バンドでの活動後、’07年以降は様々なアーティストのライブ/ツアー参加やレコーディング参加でサポート活動中。

◆藤井ケイタ

2008年 元SIAM SHADEのギタリストDAITAのプロジェクト、BINECKSのボーカル”KEITA”としてインペリアルレコードよりメジャーデビュー。 現在はシンガーソングライター”藤井ケイタ”としてLIVEを中心に活動中。 SCRUM SYRUPのギタリストとしても活動しておりSCRUM SYRUPタイ・バンコクツアーに7回参加している。

◆野口紗依子

大阪府出身。幼少期はヤマハジュニア専門コースに在籍、ピアノ・作編曲・アンサンブル・音楽理論を学ぶ。 関西学院大学メディア情報学科を卒業後、日本コロムビアに就職、宣伝プロモーターを任務。退社後、プレイヤーに転身。現在は都内を中心に演奏、ライブサポート、アレンジや楽曲提供などを行なっている。 所属バンド:RagTag / 銀幕一楼とTIMECAFE / 極楽とんぼ山本圭壱バンドけ’z YouTubeチャンネル:鍵盤屋SAEKO

◆加藤光貴

8歳よりバイオリンを始め、11歳でルーマニアやフィンランド等のプロオーケストラと協奏曲を共演する。2017年平安神宮にて今上天皇陛下御誕生日御祝い菊花の日に奏でる会に出演。第6回みおつくし音楽祭クラシックコンクール高校生の部第1位金賞大阪府知事賞。第8回岐阜国際音楽コンクール第2位。「題名のない音楽会」に出演、「龍とそばかすの姫」の劇伴に参加。11月にディズニーシーホテル「ミラコスタ」にて20周年コンサートに出演を予定。東京藝術大学4年生。

◆ACHI

ACHI(アチ) 島根県出雲市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。2001年にYMO高橋幸宏氏プロデュースでCDデビュー。CMソングやドラマ主題歌、映画音楽などを歌いつつライブを中心にマイペースで音楽活動中。東京、タイのバンコクを経て現在は地元山陰のエフエム山陰(JFN系列)で2本のレギュラーを持つ”山陰の朝の声”。

PAGE TOP